teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


了解です

 投稿者:h.miyazakiメール  投稿日:2009年 5月16日(土)09時45分33秒
返信・引用
  連休明けから自宅PCが修理のためなく、本日久しぶりに開きました。
この掲示板への書き込みも、正直少しひっかる部分はありました。どこまでセキュリティー対策されているのか?・・・と。
今後の変更は賛成ですので、具体的なことは郵送にて知らせていただければ結構です。今のままで訪問できる間は、時間の許す限り訪れます。
 
 

掲示板アクセス変更の提案

 投稿者:ichikawa  投稿日:2009年 5月 5日(火)23時28分21秒
返信・引用
   2月にホームページを立ち上げ、この掲示板を開設しました。立ち上げのホストの一人たる私が積極的に書き込みをすべきでしたが、PCに向かうとどうしても手が止まってしまうのです。(miyazakiさんすみません)なんどかアクセスいただいた方も同じ思いにたたれたのではないでしょうか。なぜなのか?・・・やはり、この掲示板に書き込みの意思のあるメンバーのみの「掲示板」(パスワード配布)にすべきだと思われます。試行錯誤で恐縮ですが、パスワードを変更し、新しく登録された方のみの「掲示板」にしたいと思いますがよろしいでしょうか?アクセスの方法はトップページの連絡先にアクセスしていただくようになります。
 ところで、金融危機で経済が破綻したアイスランドで4月25日に総選挙があり社会民主同盟と「左派・緑の党」が議席を伸ばし、アイスランド史上初めて左派政党が過半数をしめました。第1党の座を守ってきた独立党は金融危機を招いたとの批判をうけ大幅に議席を減らしました。しかし社会福祉の充実を掲げて戦った左派政権もアイスランドの経済破綻を前に前途多難です。翻って、政権交代の可能性が高いといわれている日本の総選挙。民主党の政権戦略と社民党の「連立政権」への対応は?そして労働組合は何をめざしていくのか。OBの皆さんはどのような状況にあり、どのような認識をもっておられるのでしょうか?
 

初めて開いてみました。

 投稿者:s.komiyama  投稿日:2009年 5月 2日(土)11時04分31秒
返信・引用
  皆さんもっと掲示板見ていると思いましたが意外に少ないのですね、私はパソコンは苦手なので良く分かりませんが、これからちょくちょく開けてみようと思います。lsyob会の運営委員の一人なので、国労からももう少し参加出来るよう努力してみたいと思います。  

もっと拡げましょう

 投稿者:h.miyazakiメール  投稿日:2009年 4月10日(金)01時03分41秒
返信・引用
   4月5日の学習会、行けなくて残念です。しかし私も、以前に報告した第一回目の「フレッシュマンセミナー」を成功裡に開催することができ、有意義な時間をすごしていました。
 さて、HPを見ていない人が62.5%ですか…!案内による周知も、まだまだ必要だと思います。その前に、口伝によって広めて興味を引いておく必要があると思います。考えたくはありませんが、郵送物の場合忙しさにかまけたり、気持ちが乗らない場合、開封しないままになってしまうことがあるからです。するとせっかくの案内も、効果が薄れてしまいます。
 興味があれば、郵送物が来た時点で中身を見る時間を自分からつくると思います。
 今のご時勢、大方の人がパソコンを持っていて、インターネットを行っていると思うので、後は知識として情報を入れてあげることと、興味を向けさせるための取り組みだと思います。
 

報告です。たくさん学べました

 投稿者:小松 清メール  投稿日:2009年 4月 6日(月)10時36分6秒
返信・引用
   サクラ満開で絶好の花見日和となった4月5日午後、LSY三多摩同窓会の学習会を開きました。「格差社会から公正・平等な社会へ」と題した松本さんの2時間にわたるお話は絶品でした。もっと多くの仲間とともに聴き、意見交換できたら良かったのにとの思いが残ります。資料ご希望の方は連絡してください。講演についての意見交換の後、Hさんから国労の現状や課題について報告を受けました。それぞれの仲間の頑張りが目に浮かびます。
 居酒屋に場所を移してさらに交流を広げました。これからも、仲間と一緒に学び合える機会を作っていきたいと思います。
 なお、当日参加者にこのHPを開いたか?と聞いたところ、62.5%は見ていないということでした。とすると、ご案内とかはまた印刷物をつくり郵送するなどが必要なのでしょうか?皆さんの意見も伺いたいところです。
 

(無題)

 投稿者:h.miyazakiメール  投稿日:2009年 4月 3日(金)00時07分57秒
返信・引用
  了解です。心待ちにしていた返信が見れて、とてもうれしいです。
「20年に及ぶ総括」などと、大それたものではないと思いますが、ぜひ皆さんとの議論を楽しみにしています。
 

参加お待ちしています

 投稿者:小松 清  投稿日:2009年 4月 1日(水)16時01分49秒
返信・引用
   miyazakiさん、もちろん見ています。miyazakiさんにはぜひ機会改めて、20年に及ぶ総括や現状や今後の方向などのお話を聞かせていただきたいものです。 4月5日のご案内には出欠を確かめる返信ハガキなどを入れませんでしたのでどれくらいの参加があるかは不明ですがお会いできることを楽しみにしています。会場がわからない方はお気軽にお問い合わせください。夕方からは近所の居酒屋を手配しておきます。 直近の選挙結果で、小金井市・千葉県東金市(3/29)三重県伊賀市(3/22)なども嬉しいニュースでした。  

誰も見ていないのでしょうか?

 投稿者:h.miyazakiメール  投稿日:2009年 3月23日(月)03時15分34秒
返信・引用
  初のHP訪問から二日間、毎日何度も見に来ていますが誰からも書き込みがありません。少し寂しい気持ちになってしまいます。
もしかすると投稿の仕方が分からない人もいるかと思い(実は私も戸惑いました)、以下に手順を書き込みます。
①投稿者欄に氏名(ニックネーム)等を記入
②メール欄には、記入はどちらでも良いみたいです。ただし自分のメールアドレスを記入しておけば、掲示板に青色で記載されている投稿者の氏名を左クリックで、直接メールが送れる模様です。従って、自分へのメールを直接欲しい場合は記載しておくと良いと思います。
③次に投稿したい内容を、内容欄に書き込みます。
④画像を添付したい場合は画像の横にある「参照」を左クリックで、自分のPC内のデータを添付できます。
⑤さて次が問題です。(私もここで躓きました)以上の投稿準備ができたら、「題名」の右にある「確認」を左クリック
⑥すると、「投稿内容の確認」画面に映ります。ここで、「認証コード」なるものを入力するのですが、この認証コードとは、記入する空白のすぐ上に記載されています。
 ※これが分かりませんでした!
⑦あとは、投稿ボタンを左クリックで完了です。
皆さんの投稿を楽しみに、これからも訪問を続けます。でも…、明日からまた仕事なので、毎日は訪問できないかも・・・。
 

お久しぶりです

 投稿者:h.miyazakiメール  投稿日:2009年 3月20日(金)14時55分34秒
返信・引用
  初のHP訪問です。Kさんからの通知を頂き、えっ!…と、期待していました。
三多摩から相模原に移住し、早18年が経ってしまいました。みなさんとともに学び続けた日々を常に抱き、国労というステージの中で何ができるのかを追求し続けています。
この18年間は、自宅も職場も三多摩から離れ、学習の場がなくなり、職場・労働組合の中で常に『自分』を保ち続けることとの闘いでした。常に変化し続ける情勢の中で、三多摩時代の古典学習で学んだこと、みなさんと議論を積み重ねあったことを常に思い起こし、自分自身と闘い続けています。今でも忘れられないのは、三労会館で常松さんたちとの帝国主義論の学習会に参加させて頂いたときの議論です。特に常松さんの、物事を考える・判断するときの物差しの中心に『労働者』『労働者階級』が鮮明に見えるこのこだわりには、大きな感銘を受けたのを覚えています。
中々みなさんとも顔を合わせることができず、このHPがこれからの支えの一つになると信じています。
4月5日ですが、残念ながら欠席です。5~6日と、国労東京地方本部の『フレッシュマンセミナー』を企画し、組織部長としてその主催者側で参加するからです。国鉄の『分割・民営化』から22年が経過しますが、今日まで東京地方本部内で29名(内3名は退職)の平成採用者が国労の旗の下に結集してきています。この流れはここ数年間加速してきています。この一年間で、18名が復帰加入・新規加入してきています。第一回目のこのセミナーは、外すわけにはいきません。申し訳ありません。
~近況~
実は2月21日に、おじいちゃんになってしまいました。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:畠山勝巳メール  投稿日:2009年 3月13日(金)22時59分24秒
返信・引用
  先日は出席できず申し訳ありませんでした。
2/16に和光のOBG会を開催し、楽しいひと時を過ごしました。皆それぞれ活躍しているようでした。私は3/31で農協の職場を退職し、「農業運動」を実践します。山と里と街のネットワーク作りです。10年かけて「階級闘争としての農業運動」を構築したいという「夢」を実現すべく、動き出します。今後も情報を提供いたしますのでよろしくお願いします。なお、ブログを作っています。「農業と農協を憂う熟年職員のつぶやき」で検索してください。とりあえずは挨拶まで。
 

レンタル掲示板
/2