teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


豊川稲荷初詣

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2018年 1月 5日(金)11時18分22秒
返信・引用 編集済
  新年の混雑する三が日は現役の人達に譲って、
我々リタイア組は空いている4日にお参りしました。
ところが道路は思いの他の大渋滞。
151号線と姫街道が交わる馬場町交差点からすでに渋滞で
お稲荷さん駐車場まで1時間半も掛かってしまった。
お参りするのもこんな調子かと思ったら、こちらは空いていて
階段規制もなく落ち着いてお参りすることができた。
世の中の平和安泰と、家族の無病息災、そして「一九会」が
何時までも楽しく続けられますようにとお願いしてきました。

http:// 

 
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2018年 1月 1日(月)11時04分55秒
返信・引用
  紅白歌合戦の賑やかなフィナーレの後、一瞬の静寂とともに
「ゆく年くる年」の始まり。日本各地の年越し風景。
これを見ながら、この一年を振り返り、くる年の幸せを願う。
日本に生まれて良かったとつくづく思う。
皆さんが、そしてご家族が健康で幸せでありますようにと願い、
また「一九会」に居て良かったと思って頂けるような会にしたいと
改めて念じる元日の朝だ。

http:// 

 

カボチャ

 投稿者:森 容子  投稿日:2017年11月 2日(木)22時06分16秒
返信・引用
  平湯温泉旅行には大変お世話になりました、楽しく思い出に残る旅行、有り難う御座いました。
今日会社に 余りにも大きなカボチャに吃驚、携帯でパチリ撮ってきました。
35キロあるそうです。
 

十三夜

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年11月 1日(水)19時54分56秒
返信・引用
  旧暦の9月13日、今年は今夜11月1日。
十五夜を中秋の名月と呼ぶのに対し、十三夜は「後の月(のちのつき)」
「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。
十三夜は、十五夜についで美しい月とされ、宮中では、古くから宴を催すなど
月を鑑賞する風習があったとか。
一般に十五夜に月見をしたら、必ず同じ場所で十三夜にも月見をするものともされている。
これは十五夜だけ観賞するのは「片月見」といって忌まれていたからだそうです。

今夜はよく晴れて、綺麗な月を観ることが出来ます。
あなたも空を見上げてみませんか。


http:// 

 

素晴らしかった新穂高と上高地

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年10月25日(水)15時33分22秒
返信・引用
  超大型で非常に強い台風21号が未明に東海沖を通過。朝、天候は回復したものの
出発時はJRも渥美線も市電もすべて運転見合わせ。こんな最悪の条件にもかかわらず
誰一人欠けることなく、全員そろって参加できたことは奇跡のように思えます。
これには皆さんの強い意志とご家族の深いご理解ご協力が有ったからこそと感謝しております。
乗鞍スカイラインは高山散策に変わったものの、新穂高では初雪に触り、北アルプスの雪山を
眺め。上高地で紅葉の木々の手前を梓川、その向こうに奥穂高が奇麗に見えて別天地に居る
みたいでした。
こんなに楽しい旅行が出来たこと「一九会」のお陰。
これからも楽しい会が続いてゆけますよう皆で力を合わせ頑張りましょう。よろしくお願いします。

http:// 

 

中秋の名月

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年10月 4日(水)19時43分40秒
返信・引用
  今日は旧暦の8月15日、十五夜で、中秋の名月。
お天気も良く今日は見られそうと月の出を待った。
わが家は住宅地なので山の端から昇る様子は見られなかったが、
お隣との間の植え込みの上、送電線鉄塔の近くに登ってきたのを
捉えることが出来た。あまり上がってしまうと比較物が無く
大きさを実感することが出来ない。
しみじみと眺めながら秋の到来を実感した。

http:// 

 

真っ白な彼岸花

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年 9月28日(木)20時10分50秒
返信・引用
  「真赤な秋」を投稿した2日後、中学生を案内して岩屋緑地で木の実の観察をしていたら、
さくら広場の南斜面に「真っ白な彼岸花」が咲いていました。
真赤が彼岸花らしく、秋を象徴しているが、真っ白も清楚で、秋の日に照らされて輝く姿は
これもまた良いもので、思わず見とれてしまいました。
赤と白は優劣が付けられません。
 

真赤な秋

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年 9月24日(日)19時59分1秒
返信・引用
  童謡・唱歌に「真赤な秋」(作詞:薩摩 忠、作曲:小林秀雄)がある。
  真っ赤だな 真っ赤だな 彼岸花って真っ赤だな ・・・
  夕焼け雲を指差して 真っ赤なほっぺたの君と僕 ・・・

今日は環状線を豊川に向かって走っていたら、田んぼの畔に真っ赤な彼岸花。
そして、自宅に帰った夕方、空が真っ赤に夕焼けした。
まさにこの歌のとおりに「真赤な秋」だった。
 

今夜は満月

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年 9月 6日(水)21時16分28秒
返信・引用
  何時ものように夜歩きに出た。
日中は暑かったが夜になるとだいぶ凌ぎやすくなり肌に触れる風も爽やかだ。
虫の声が賑やかで、どこからこんなに大きな声が出るのかと不思議なくらい。
空を見上げたら大きな月が出ていた。回りには暈をかぶっているが綺麗な月だ。
今日は旧暦の7月16日で望、満月。
家に帰って早速カメラを取り出し狙ってみたが、それがなかなか難しい。
満月の雰囲気を感じて頂けるかな?
 

上弦の月

 投稿者:よしべえおじさん  投稿日:2017年 8月29日(火)21時41分7秒
返信・引用 編集済
  2年前の手術の後、老体に無理は禁物と夜に歩くのを止めていたが、最近復活した。
その距離は半減したが途中の公園でラジオ体操、肩こり体操、五十肩予防体操、そしてスクワットもする。
およそ30分ばかり。この間に道端の草、虫の声、空の星などを眺めながら歩く。
数日前は眉をはいたように細かった月が日々大きくなり今日は上弦。
これからはますます明るくなる月を見ながら歩くのが楽しみである。
 

レンタル掲示板
/50